絶対未達成マインドの旅blog

ビジネスは絶対達成、旅は絶対未達成。 計画は立てても、計画の通りにはほとんど行動しない旅の記録。

【4日目 最終日】韓国ソウル 2018

3泊4日、韓国ソウルへの旅、最終日。

昨年の「タイへの旅」と同じように、今回も着替えはゼロで来ましたので、毎日、シャツとパンツと靴下は、寝る前に洗面所で石鹸をつけて洗い、ドライヤーをあて、朝までつるして乾かして、毎日使っていました。

タイではさすがに一週間いたので、下着は現地で買いましたが、今回はそれもなし。ずっと毎晩、洗いつづけました。青年海外協力隊時代を思い出します。

今日もノープラン。

名観光地、昌徳宮(チャンドックン)へ足を向けるか悩みましたが、やめにすることに。朝食しながら、考えました。

f:id:yokoyama-attax:20180704222725j:image

目的もなく、やってくると本当に効率が悪い。事前情報もないので、意思決定する基準もない。

ただ、韓国に来てすごくよかったなと思うのは、この年齢になるまで、日本にとって重要な隣国のことを、まるで知らなかった自分に気づけたことです。

そして、発展している国か、人種が異なる国かの、2つの違いにより、中央アメリカでは蔑視されてきましたから、発見は大きかったです。

韓国では、両方の面から、まったくソレがない。

教育の行き届いていない、別の人種の人からの目線を感じながら生きたことがない人には理解されないであろう。

この国は、いろいろな面で似ていて、過ごすのにきわめてストレスがなかった。観光よりも、働いたら楽しいだろうな、と真剣に思える国であったと思います。

このような気持ちになれて、本当に来てよかった。

最終日、これ以上観光する意味がない。それより、隣国の人間としてもっと頑張りたい。もっと成長したいと思い、ホテルのラウンジで1時間半こもって勉強&作業をしました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222751j:image

日本では、なかなかまとまった時間がないので、頭を整理するのに、すごく役立ちました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222720j:image

さあ、昼になってから移動を開始。まずはソウル駅へ。
f:id:yokoyama-attax:20180704222747j:image

一度もタクシーも、ツアーも利用しませんでした。

ほぼ地下鉄だけを使って、滞在中は移動しまくりました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222756j:image

見慣れた風景。もう、地下鉄の仕組みは、かなり覚えました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222818j:image

金属っぽい車内。
f:id:yokoyama-attax:20180704222836j:image

もう違和感がない。インパクト×回数で、思考プログラムが変化しました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222743j:image

ソウル駅に到着。これから空港へ。
f:id:yokoyama-attax:20180704222811j:image

初日に立ち寄ったコンビニ。お金が余っていたので、何か買おうか迷う。
f:id:yokoyama-attax:20180704222832j:image

空港へ。
f:id:yokoyama-attax:20180704222738j:image

行き先間違えた。やはり、まだ慣れていない……。
f:id:yokoyama-attax:20180704222807j:image

総合案内所で聞いて、何とかチケットを買えました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222734j:image

改札口を通って
f:id:yokoyama-attax:20180704222823j:image

ソウル市内の地図。かなり頭に入っています。

地図や、地名が頭に入っていることが、いちばんの思い出。そして、いちばんの自分へのお土産。
f:id:yokoyama-attax:20180704222800j:image

外の風景。

いつものことだが、お土産はゼロ。

以前、北海道知床ウトロでお土産屋さんで働いていた経験から、「お土産を買う人は観光地のカモだ」というバイアスがかかっています。家族も、部下も、私を知る人物は、誰も期待していません。
f:id:yokoyama-attax:20180704222827j:image

空港駅に着いた。
f:id:yokoyama-attax:20180704222712j:image

宇宙船のような建物。
f:id:yokoyama-attax:20180704222804j:image

4960ウォン余っていたので、お昼は4500ウォンの「韓国のり巻き」を質素に食べました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222815j:image

換金した3000円で、何とか過ごせました。460ウォン余ったので、帰りの飛行機の中でユニセフ募金をしました。
f:id:yokoyama-attax:20180704222716j:image

プライオリティパスを使ってラウンジへ。

ここでもパソコンを開いて勉強&作業。韓国に来てパワーをもらえました。もっと頑張らないと! という気持ちを芽生えさせてもらいました。

普通なら、「頑張ろう」と思うだけで帰国するだけ。そんな決意も、すぐに忘れ、なんだかんだ日ごろの生活に忙殺され、忘れてしまうものです。今回は帰国する前から、観光を放棄してそれを実践したのがよかった。

「いずれ」「そのうち」が、やってくることはない。さらにスピード感をもって成長していきます。
f:id:yokoyama-attax:20180704222729j:image

【3日目】韓国ソウル 2018

韓国ソウルに来て3日目。

早朝2時半に起きて、ワールドカップ決勝リーグ「日本ーベルギー」の試合を観戦。結果は「3-2」で日本が惜敗しました。朝5時から二度寝しようとしたのですが、悔しくて悔しくて眠られませんでした。 

これほどの悔しさは「ドーハの悲劇」以来かもしれません。

こんなに期待し、興奮できたことに、感謝しかないです。 

f:id:yokoyama-attax:20180703230639j:image

朝食。野菜中心。
f:id:yokoyama-attax:20180703230836j:image

 今日の目的は、東大門デザインプラザ(トンデムンディジャインプルラジャ)へ行くこと。それぐらいです。

寝不足のせいなのか、それとも外へ行くのが億劫で、しばらくホテルでメール処理などをして過ごしていましたが、11時ごろにようやく出ました。 
f:id:yokoyama-attax:20180703230421j:image

シャトルバスを勧められましたが、歩いていきました。
f:id:yokoyama-attax:20180703230805j:image

これが東大門DDP。異様な形をしています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230540j:image

オブジェ。
f:id:yokoyama-attax:20180703230507j:image

4万5133枚のアルミパネルを組み合わせて作られたそうです。
f:id:yokoyama-attax:20180703230452j:image

このアングルがいいです。
f:id:yokoyama-attax:20180703230845j:image

カフェに入ってみます。

f:id:yokoyama-attax:20180703230653j:image

カフェの中もこんな感じ。
f:id:yokoyama-attax:20180703230526j:image

自前のピアノ? 弾き語りしている人がいます。
f:id:yokoyama-attax:20180703230427j:image

ところどこにオブジェが
f:id:yokoyama-attax:20180703230919j:image

お腹が空いたので地下へ。そういえば、まだまともに韓国料理を食べていない。
f:id:yokoyama-attax:20180703230751j:image

辛そうな食べ物が多いです。
f:id:yokoyama-attax:20180703230243j:image

牛肉のプルコギと焼き餃子を頼んでみました。美味しかったです。
f:id:yokoyama-attax:20180703230350j:image

DDPのミュージアムに入ってみました。地下2階から4階まで、このような「デザイン遊歩道」が続いています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230431j:image

ずっと続いています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230512j:image

けっこう長い。
f:id:yokoyama-attax:20180703231342j:image

想像以上に長い。
f:id:yokoyama-attax:20180703230906j:image

これ、本当にいつまで続くのだろうか。
f:id:yokoyama-attax:20180703230411j:image

私はデザインのためのデザインは好きじゃない。「機能美」が好み。
f:id:yokoyama-attax:20180703230521j:image

長い。展覧会があるので、お金を出して入ってみる。
f:id:yokoyama-attax:20180703230620j:image


f:id:yokoyama-attax:20180703230720j:image


f:id:yokoyama-attax:20180703230554j:image


f:id:yokoyama-attax:20180703230910j:image

いちばん気になったのは、この消火器。赤くはないんだ。
f:id:yokoyama-attax:20180703230902j:image


f:id:yokoyama-attax:20180703230737j:image

まだまだ続く。
f:id:yokoyama-attax:20180703230534j:image

終わらない。異空間に紛れ込んだかのよう。誰にも会わないし。
f:id:yokoyama-attax:20180703230407j:image

まだか。
f:id:yokoyama-attax:20180703230529j:image

ようやく4階まであがった。降りるときは階段を使います。
f:id:yokoyama-attax:20180703230822j:image

どうなっているかよくわからない階段。
f:id:yokoyama-attax:20180703230629j:image

いったん屋上に出てみる。
f:id:yokoyama-attax:20180703230743j:image

東大門DDPを出て、書店をめざすことにしました。行き当たりばったり。
f:id:yokoyama-attax:20180703230915j:image

ここからの道のりが長い。外はいよいよ暑くなってきています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230936j:image

グーグルマップを手掛かりに書店を探す。
f:id:yokoyama-attax:20180703230543j:image

かなり歩いた。本当にこんなところにあるのか。ばててきた。

グーグルマップ上に「BookStore」とあった場所には、八百屋っぽいお店が。おかしい。せっかくここまで歩いたのに。
f:id:yokoyama-attax:20180703230857j:image

明洞(ミョンドン)という繁華街に行けば、書店ぐらいあるだろうと、安易な気持ちで地下鉄へ。
f:id:yokoyama-attax:20180703230607j:image

寝不足だからか、完全にバテた。ベンチで休みます。
f:id:yokoyama-attax:20180703230659j:image

水分補給して、いざ地下へ。
f:id:yokoyama-attax:20180703230813j:image

何だこれは? よく見ると、階段ですね。
f:id:yokoyama-attax:20180703230715j:image

やはり関西と同じ。みんな右側に寄っています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230603j:image

明洞に到着。これが繁華街?
f:id:yokoyama-attax:20180703230558j:image

よくわからない。
f:id:yokoyama-attax:20180703230931j:image

確かに、繁華街が見えてきた。
f:id:yokoyama-attax:20180703230648j:image
f:id:yokoyama-attax:20180703230848j:image
f:id:yokoyama-attax:20180703230635j:image

明洞の書店。聖書関連の書籍しかありませんでした。
f:id:yokoyama-attax:20180703230354j:image

喉がカラカラ。カフェに。
f:id:yokoyama-attax:20180703230853j:image

「ほうじ茶フロート」っぽいものを頼みました。
f:id:yokoyama-attax:20180703230503j:image

締切がもうすぐだったので、日経ビジネスオンラインの記事をここで書きます。
f:id:yokoyama-attax:20180703230417j:image

書き終えたあと、30分ほど寝ていました。疲れ切って。
f:id:yokoyama-attax:20180703230817j:image

外に出ると、ものすごい日差し。しばらく経験したことがないほどの強さです。
f:id:yokoyama-attax:20180703230550j:image

影じゃないと歩けない。それぐらい日差しが痛い。ビラ配りをしている日本人を捕まえて、「書店はないですか?」と尋ねると、「韓国にはあまり本屋さんがない」と言われました。「ここをずーっとまっすぐ行って、ちょっと左に行ったところの地下にある。とにかく地下よ。いい? 地下」

そう言われたので、従って行ってみることに。
f:id:yokoyama-attax:20180703230831j:image

言われた場所の周りをウロウロすると、文房具屋さんが。
f:id:yokoyama-attax:20180703230840j:image

あ、地下があった!
f:id:yokoyama-attax:20180703230756j:image

本当に書店があるのかな?
f:id:yokoyama-attax:20180703230643j:image

怪しい……。
f:id:yokoyama-attax:20180703230926j:image

あった……。これか?

中に入ると、大量の本が積まれてあるだけ。ご主人さんに写真を撮っていいかと聞いたら、すごい剣幕で怒られた。
f:id:yokoyama-attax:20180703230616j:image

外に出た。もうダメだ。暑すぎる。

しかし諦められない。本当にあの書店だったのだろうか。周辺をぐるぐるまわって、地下へ通じる階段を探す。しかし、ない。
f:id:yokoyama-attax:20180703230809j:image

もう一度、グーグルマップで探して、めぼしいところを見つける。

地下鉄一区間ぐらいを歩く。
f:id:yokoyama-attax:20180703230826j:image

この時点で万歩計アプリ、1万8000歩を超えていた。けっこう歩いたな……。

そうこうしているうちに、見つけました! 確かにあった。これか、確かに地下に店がある!(しかし、教えてもらった場所とは違うところにあったが)
f:id:yokoyama-attax:20180703230704j:image

ここだ……。鐘閣駅の永富文庫です。
f:id:yokoyama-attax:20180703230234j:image

大きい! 店の人に許可をとって写真撮りました。
f:id:yokoyama-attax:20180703230710j:image

広い。
f:id:yokoyama-attax:20180703230517j:image

この本を探しています。「話を噛み合わせる技術」の韓国語バージョン。
f:id:yokoyama-attax:20180703230403j:image

こちらは「絶対達成バイブル」の韓国語バージョン。
f:id:yokoyama-attax:20180703230456j:image

堀江貴文さんの「多動力」が売れているようです。

f:id:yokoyama-attax:20180703230800j:image

大きな展開です。「お金2.0」も。
f:id:yokoyama-attax:20180703230447j:image

自力で見つけたかったのですが、さすがにハングルが読めないので、コーナーもわからず、店員さんに聞きました。そうしたら「絶対達成バイブル」だけ、ありました!
f:id:yokoyama-attax:20180703230747j:image

すごく嬉しいです。知人の本も発見!
f:id:yokoyama-attax:20180703230611j:image

少し寝たせいか、自分の本を見つけられたことが嬉しいせいか、その後はすごく行動的に。

何度も何度も観た地図。かなり頭にインストールされました。地名も読めるようになってきています。
f:id:yokoyama-attax:20180703230238j:image

ホテルに戻り、はじめてビールを飲みました。

いよいよ、明日は帰国です。
f:id:yokoyama-attax:20180703230625j:image

【2日目】 韓国ソウル 2018

2日目のソウル。

昨日はほとんど観光らしい観光もしなかったのですが、今日はどうなることやら。沖縄に台風が近づいており、その影響でソウルも土砂降りです。雨音で目が覚めるぐらいの勢いです。

さて、今回も自分の持ち物を紹介します。
どうしても、仕事がたまっていたので、PCを持ってきました。

PCを入れるためにもってきたリュックがこちら。
「WANT LES ESSENTIELS」の「Organic Cotton Backpack」。

デザイン性に優れているため、機能性はかなりイマイチ。今日、思い知らされることに。タイへ行ったときに使った「地球の歩き方オリジナルデイパック」のほうが使い勝手よかった。

f:id:yokoyama-attax:20180702232004j:image

服装はすべてタイのときと同じ。
ユニクロのシャツ。昨年以来、はじめて着た。f:id:yokoyama-attax:20180702231620j:image

EDWINの「JERSEYS」も同じ。このまま眠られるぐらい、着心地がいい。
f:id:yokoyama-attax:20180702231630j:image

バーバリーのジャケット。
防寒対策と、ジャケット着用が義務付けられる店へ行くときのため。9センチ×6センチのポーチに変形するジャケット。
f:id:yokoyama-attax:20180702231858j:image

時計も昨年と同じ。GARMINの630J。今回は充電器を持ってこなかった。
f:id:yokoyama-attax:20180702231717j:image

健康のために青汁を。
f:id:yokoyama-attax:20180702231709j:image

マルチビタミンマルチミネラルもこの中に。
f:id:yokoyama-attax:20180702231830j:image

地球の歩き方オリジナル」の財布。これも昨年と同じ。
f:id:yokoyama-attax:20180702231939j:image

靴も昨年と同じ。アシックスの黒いウォーキングシューズ。
歩きやすさのためだけでなく、あからさまなジョギングシューズだと、フォーマルなお店に入れないと思ったため。
f:id:yokoyama-attax:20180702231407j:image

朝食会場
f:id:yokoyama-attax:20180702231943j:image

野菜をたくさん食べたい。
f:id:yokoyama-attax:20180702231905j:image

たまには厳かで、誰もいない会場で、朝食を。
しかし、朝食を食べていると呼び出しが。
絶対達成社長の会の「理事会」が朝7時半からZoomであった。忘れてた。
食べるものも食べられず、急いで部屋に戻りました。
f:id:yokoyama-attax:20180702231433j:image

月曜日だから、めぼしい名所がクローズしているようです。

ホテルで相談したら、韓国随一の古宮「景福宮キョンボックン)」なら月曜もオープンしているとのこと、
地図をもらい、そこへ向かうことに。f:id:yokoyama-attax:20180702231501j:image

アプリもインストールしなさいよと、教えてくれたので活用します。
f:id:yokoyama-attax:20180702231812p:image
f:id:yokoyama-attax:20180702231626p:image

今のところ、雨がやんでいます。
f:id:yokoyama-attax:20180702231505j:image

地下鉄へ。
f:id:yokoyama-attax:20180702231721j:image

この表示との闘い。
f:id:yokoyama-attax:20180702231518j:image

この券売機との格闘。
f:id:yokoyama-attax:20180702231956j:image

左側の改札から入るべきか。
f:id:yokoyama-attax:20180702231748j:image

右側の改札から入るべきか、迷う。
何度も地図に書かれた駅名と照らし合わせる。
f:id:yokoyama-attax:20180702231948j:image

右側の改札でした。
f:id:yokoyama-attax:20180702231531j:image

月曜日の朝10時。地下鉄は空いています。
f:id:yokoyama-attax:20180702231415j:image

雨模様
f:id:yokoyama-attax:20180702231411j:image

乗り換え
f:id:yokoyama-attax:20180702231437j:image

乗り換え失敗。路線図が頭に入っていません。。。
f:id:yokoyama-attax:20180702231606j:image

地下鉄の中で電話している人をよく見かけます。韓国ではいいんですね。隠し撮り、申し訳ありません。
f:id:yokoyama-attax:20180702231554j:image

景福宮」へ訪れる前に、風情のある建物が見られるという「北村韓屋村」へ。地球の歩き方には載っていない場所。ホテルの人に教えてもらった。
f:id:yokoyama-attax:20180702231656j:image

韓国へ来て、はじめて横断歩道を渡る。嬉しい。
f:id:yokoyama-attax:20180702231839j:image

とりあえず歩く。
絶対達成社長の会の理事だった橋爪さんによく似た方を見受ける。なぜここに?と思わず思った。
f:id:yokoyama-attax:20180702231615j:image

お土産屋さんが。
f:id:yokoyama-attax:20180702231739j:image

これが伝統的家屋である韓屋(ハノク)か。
f:id:yokoyama-attax:20180702231802j:image

ちょっと独特な外装。
f:id:yokoyama-attax:20180702231730j:image

Google Mapの航空写真で、どこに韓屋(ハノク)が密集しているか確認する。
f:id:yokoyama-attax:20180702231401p:image

雨が降ってきたので、古びたカフェへ入る。
f:id:yokoyama-attax:20180702231806j:image

韓国に来たのに、キューバスタイルのサンドイッチを頼む。いまだ代表的な韓国料理を食べていない。
f:id:yokoyama-attax:20180702231913j:image

店はガラガラ。
f:id:yokoyama-attax:20180702231821j:image

いいですね、この雰囲気。のんびり仕事しよう。
f:id:yokoyama-attax:20180702231639j:image

冨山和彦氏の「挫折力」を読む。
f:id:yokoyama-attax:20180702231635j:image

f:id:yokoyama-attax:20180702231424j:image

韓国経済が強いのは「挫折」を経験しているから――という章があります。これは偶然です。
f:id:yokoyama-attax:20180702231603j:image

f:id:yokoyama-attax:20180702231457j:image

外は雨。なかなか外に出られない。
f:id:yokoyama-attax:20180702231926j:image

雨がやんで、なんとか外に出る。

ここで傘を買う。

f:id:yokoyama-attax:20180702231549j:image

あった。だけど高い! 1000円以上する。
f:id:yokoyama-attax:20180702231428j:image

500円ぐらいのを買う。
f:id:yokoyama-attax:20180702231834j:image

韓屋(ハノク)が続く。
f:id:yokoyama-attax:20180702231509j:image

続く。
f:id:yokoyama-attax:20180702231644j:image

続く。
f:id:yokoyama-attax:20180702231420j:image

お洒落なカフェ。入りたいが、やめておく。
f:id:yokoyama-attax:20180702232000j:image
f:id:yokoyama-attax:20180702231527j:image

いろいろなところで韓流スターのグッズ店を見かけます。
f:id:yokoyama-attax:20180702231652j:image

いろいろな店を観ながら
f:id:yokoyama-attax:20180702231515j:image

ずっと歩き続けます。
f:id:yokoyama-attax:20180702231558j:image

歩き続けます。もう3キロぐらい歩いたか。
f:id:yokoyama-attax:20180702231725j:image

ようやく敷地へ
f:id:yokoyama-attax:20180702231935j:image

気になるオブジェ。
f:id:yokoyama-attax:20180702231648j:image

国立民俗博物館
f:id:yokoyama-attax:20180702231700j:image

グアテマラにあるピラミッドのように見えるが、これは博物館らしい。
f:id:yokoyama-attax:20180702231446j:image

見えてきた。
f:id:yokoyama-attax:20180702231713j:image

壮大な建物だが、博物館。
f:id:yokoyama-attax:20180702231545j:image

こういうアングル
f:id:yokoyama-attax:20180702231704j:image

なんとなく、韓国に来た、という感じがします。
f:id:yokoyama-attax:20180702231611j:image

ディテールを観たい
f:id:yokoyama-attax:20180702231537j:image

屋根の形状に注目
f:id:yokoyama-attax:20180702231909j:image

ディテール
f:id:yokoyama-attax:20180702231921j:image

景福宮が近づいてきました。
f:id:yokoyama-attax:20180702231523j:image

広い。
f:id:yokoyama-attax:20180702231844j:image

広い。
f:id:yokoyama-attax:20180702231757j:image

ディテール
f:id:yokoyama-attax:20180702231441j:image

屋根の装飾に注目します。
f:id:yokoyama-attax:20180702231826j:image

景福宮
f:id:yokoyama-attax:20180702231931j:image

着飾った女性たちがたくさんいます。
f:id:yokoyama-attax:20180702231744j:image

光化門とビル群
f:id:yokoyama-attax:20180702232009j:image

光化門
f:id:yokoyama-attax:20180702231734j:image

市庁が近い旧市街
f:id:yokoyama-attax:20180702231818j:image

広い大通り
f:id:yokoyama-attax:20180702231849j:image

いかにも、というところを観光できて、満足です。
今日泊まるホテルへ向かいます。

夜は、ビジョナリー読書クラブの事務局の皆さんとZoom飲み会があります。
韓国に来ても、Zoomざんまい。f:id:yokoyama-attax:20180702231752j:image

【1日目】 韓国ソウル 2018

今日(7月1日)から韓国での「絶対未達成マインドの旅」がスタート。

※ 昨年のタイに引き続き。

目的も目標もないから「旅行」ではなく「旅」です。目標がないから行動計画(旅行プラン)もないし、PDCAサイクルも回しません。

目的地があるから移動するのではなく、移動そのものが目的であったりするので、タクシーは使わない。ツアーにも参加しないのが、私のポリシーです。(基本的に) セントレアから約2時間。

 

f:id:yokoyama-attax:20180701211242j:image

仁川(インチョン)国際空港に昼過ぎに到着。当然ですが、ハングル文字がとても多いです。

f:id:yokoyama-attax:20180701211249j:image

日曜日なのに、空港内はガラガラ。

f:id:yokoyama-attax:20180701210643j:image

空港出口。ここからが長い。

f:id:yokoyama-attax:20180701210647j:image

円からウォンに両替しました。キャッシュレス社会の韓国だから、ほとんどクレジットカードが使えるそうです。3000円だけウォンに。

計算は、だいたい「0」を一つ加えればいいようです。

3,000円 → 30,000ウォン

f:id:yokoyama-attax:20180701210654j:image

トイレは日本とほぼ同じ。

f:id:yokoyama-attax:20180701210658j:image

ソウルへと向かう鉄道「A’REX」が、なかなか見つからず、巨大な空港内を右往左往。

f:id:yokoyama-attax:20180701210703j:image

ようやく地下への案内を見つける。看板が見慣れない……。

f:id:yokoyama-attax:20180701210707j:image

道のりが長い。

f:id:yokoyama-attax:20180701210802j:image

空港鉄道の駅。洗練された建物です。

f:id:yokoyama-attax:20180701210810j:image

特急チケットを買うのは、何とかできました。

f:id:yokoyama-attax:20180701210819j:image

これが改札。

f:id:yokoyama-attax:20180701210827j:image

巨大な空港鉄道の駅へ。

f:id:yokoyama-attax:20180701210833j:image

これが購入したチケット。ハングル文字でほとんど理解できないが、指定された席番号はかろうじて理解できた。

f:id:yokoyama-attax:20180701210841j:image

自動販売機でポカリを買うのにも苦労しました。クレジットカードが使えると表示があるのに、どうやってもできませんでした。結局、ウォンで買った。

f:id:yokoyama-attax:20180701210846j:image

特急の中。指定席に座ることができました。

f:id:yokoyama-attax:20180701210855j:image

外は大雨。台風直撃です。

f:id:yokoyama-attax:20180701210903j:image

約40分で、ソウルへ。ついにソウルへ来た。

f:id:yokoyama-attax:20180701210908j:image

駅内のコンビニ。

f:id:yokoyama-attax:20180701210915j:image

買ってみた。しかし、韓国のコンビニでは袋をもらえないらしいので、このままスナック菓子を持って地下鉄に乗ることに。

f:id:yokoyama-attax:20180701210920j:image

地下鉄の駅に到着するまでも長い。だいぶ疲れてきた。

f:id:yokoyama-attax:20180701210936j:image

関西と同じ? エスカレーターは右側に寄るのか?

f:id:yokoyama-attax:20180701210943j:image

地下鉄の中。

f:id:yokoyama-attax:20180701210948j:image

金属っぽい内装。韓国の箸もたしか金属製だった。

f:id:yokoyama-attax:20180701211037j:image

駅の中にあるケーキ屋さん。美味しそう。

f:id:yokoyama-attax:20180701211317j:image

地下鉄のチケットを買うのに、ものすごく苦労した。

f:id:yokoyama-attax:20180701211057j:image

LINEフレンズのT-moneyを買ってみた。

f:id:yokoyama-attax:20180701211101j:image

約700円したので、700円が入金されていると思ったが、何度やっても改札を通れない。

どうやらこのカード自体が700円だったようで、あらたに入金しないと使えないことがわかりました。

f:id:yokoyama-attax:20180701211105j:image

2回乗り換え、ようやく蚕室(チャムシル)の駅へ。

f:id:yokoyama-attax:20180701211115j:image

123階建て超高層ビルロッテワールドタワー。

f:id:yokoyama-attax:20180701211136j:image

これが模型。

とにかく私は高い建物が好きなので、必ず外国へ行ったら、その国でいちばん高い建造物を訪れるようにしています。 (日本の東京スカイツリーあべのハルカスは、まだ訪れたことはありませんが)

f:id:yokoyama-attax:20180701211410j:image

ロッテワールドの中。

f:id:yokoyama-attax:20180701211436j:image

外は大雨。台風の影響か。

f:id:yokoyama-attax:20180701211442j:image

食事をしようと、レストラン街をうろうろするのですが、とにかく店名が読めない。

f:id:yokoyama-attax:20180701211448j:image

読めない。

f:id:yokoyama-attax:20180701211452j:image

読めない。

f:id:yokoyama-attax:20180701211458j:image

「ガッテン寿司」という店は長蛇の列。

f:id:yokoyama-attax:20180701211504j:image

空いている店を見つけて入った。豚のプルコギ。

f:id:yokoyama-attax:20180701212940j:image

鶏肉の入ったきしめん? 淡白な味わい。

f:id:yokoyama-attax:20180701211515j:image

キムチは辛い……

f:id:yokoyama-attax:20180701211519j:image

初日から少しは動き回ることができると思ったのですが、想像していた以上に移動にストレスがかかり、疲れてしまいました。

バーでシーバス飲みながら、メルマガを書いています。

 

 

【7日目 最終日】タイ 2017年 「ほぼ手ぶら&ひとり旅」

タイにひとり旅をしに来て7日目――を迎える前夜、まさかの事態が起こるのですが、その前に、少しだけこの旅を振り返ってみたいと思います。

何より、一番満足感を覚えたのは少ない荷物で約1週間を乗り越えられたこと。あらためて、日ごろから多くの荷物を持ち歩いて生きていることに気付かされました。

海外渡航において荷物が少ないと、とてもよいことがたくさんあります。まず準備をするのがとても楽です。すごくスピーディーにできます。帰るときに身支度するのもとてもスピーディーです。何かホテルの部屋に置き忘れてないかと悩むこともほぼありません。

今回、4日目にホテルを変えましたが、そのとき、すべての荷物を観光地(アユタヤ遺跡)へ持っていっても何も問題がありませんでした。そもそも荷物が少なかったからです。 

f:id:yokoyama-attax:20170701053226j:image

地球の歩き方」プロデュースの財布。外貨、小銭、カードをうまく収納できます。

f:id:yokoyama-attax:20170701053230j:image

ユニクロで買ったコットンシャツ。とても肌触りがよく、このシャツを着たまま眠ることができます。無地の白にしたのは、飽きないから。1週間、ずっとこの1枚で過ごしました。

f:id:yokoyama-attax:20170701053241j:image

EDWINの「ジャージーズ」。今回、最もこだわったアイテム。パジャマと同じぐらい肌触りがよく、これを穿いたまま眠ることもできます。ドレスコードを求められたとき、カーキ色なら無難だろうと思ったこと、青年海外協力隊時代に出会った、50代の世界一周旅行男が言っていた「パキスタンで30円で買ったのを7年はいている」というズボンがカーキ色だったことを強烈に覚えていて、それを真似ました。

確かに1週間、穿いていても飽きませんでしたが、もう少しカタチがスリムであったら私の好みだったなと。あと、ベルトが必要なく紐で結ぶタイプなのは、もの凄く楽でした。(紐はユニクロのシャツで隠れていたので、外からは見えません)

f:id:yokoyama-attax:20170701053245j:image

カッコいいかどうかはおいておいて、旅のマストアイテムか。日本ではあまり着用しないと思います。

f:id:yokoyama-attax:20170701053249j:image

初日に購入した「タイ版ギャツビー」もほぼなくなりました。買った下着類は捨てました。傘も現地の方にあげました。

手荷物はほとんどなく、6日目の夜、日本から持ってきた下着や靴下をいつものように石鹸で洗い、乾かしているところに――想定外の問題が発生!

 

【帰りの便が突如欠航に!!!!】

 

ホテルにレターが届き、何となく開けたら「17時間後の深夜の便に振り替えました」というメッセージが。そんな、バカなーー!

6月30日の夕方6時に中部国際空港セントレア)へ到着予定の便が、7月1日の午前到着の便に自動振替されてしまったのです。そんなことあるのか? 

f:id:yokoyama-attax:20170701053217j:image

ここからなんと2時間にわたって、ホテルのフロントの方々と協力し、タイ航空、ANAなどへ電話をしまくり、翌日早朝7時過ぎのフライトを確保しました。しかし到着先はセントレアではなく「成田」です。

もう1日バンコクを観光してから深夜の便でセントレアへ戻るか、予定よりも4時間はやいフライトで成田まで行くか。(それでも自宅に戻るのは当初の予定より遅くなる) 少し迷いましたが、はやいフライトを選択。一番の理由は、2時間以上も私のために奔走してくださったホテルスタッフに「やっぱりいいです。深夜の便で帰ります」と言えなかったから。何とか6月30日中にこの人を日本へ帰したいと頑張ってくださったスタッフの努力を無駄にできないと思ったのです。まさに「サンクコスト効果」という心理現象です。

f:id:yokoyama-attax:20170701053252j:image

2時間ぐらいしか眠られず、深夜にホテルを出ました。本当に、荷物が少なくてよかったです。

f:id:yokoyama-attax:20170701053256j:image

もちろんエアポートレイルリンクの営業時間外ですから、スワンナプーム国際空港までタクシーです。これも想定外。お金を残しておいてよかったです。

f:id:yokoyama-attax:20170701053301j:image

東京から成田ぐらいまでの距離でしょうか。高速道路をぶっ飛ばします。

f:id:yokoyama-attax:20170701053305j:image

空港に到着。

f:id:yokoyama-attax:20170701053309j:image

大きい空港です。

f:id:yokoyama-attax:20170701053318j:image

広すぎて、わけがわかりません。

f:id:yokoyama-attax:20170701053321j:image

ようやく見つけました。カウンターで手続きをしないといけません。

f:id:yokoyama-attax:20170701053325j:image

本当にチケットを変更できていたのか。ずっと不安でした。

f:id:yokoyama-attax:20170701053330j:image

チケットはちゃんと変更できていました! そして出国もスムーズにできました。

f:id:yokoyama-attax:20170701053341j:image

さあ、ゲートへ向かいます。時間がありません。

f:id:yokoyama-attax:20170701053345j:image

スワンナプーム国際空港、広いです。

f:id:yokoyama-attax:20170701053349j:image

歩いても歩いても、ゲートにたどり着きません。焦ってきました。

f:id:yokoyama-attax:20170701053353j:image

まだですか。

f:id:yokoyama-attax:20170701053358j:image

10分以上歩いています。

f:id:yokoyama-attax:20170701053401j:image

ようやくゲートに近付いてきた気がします。

f:id:yokoyama-attax:20170701053406j:image

到着した……。

f:id:yokoyama-attax:20170701063829j:image

ようやく機内へ。

前夜からずっと緊張状態で、ようやくここで一息つきました。そしてこのときになってあらためて考えたことがあります。それは、どんな不誠実、不条理なことであっても、ダメなものはダメと言われたら諦めるしかないので、次にどう対策を取ろうかと気持ちの切り替えができます。しかし、このように交渉次第では何とかなる、ということが起こると、もの凄く気持ちが揺れますね。いろいろなことに疑いを持ってしまいます。

ビジネスの世界も同じ。ブレることによって結果的に相手を惑わすことになります。悩みを深くするという罪深いことも発生します。やはり、何事にも動じず「壁」のような存在になることが優しさに繋がるということを、タイ在住最後の日に思い知ったのでした。

f:id:yokoyama-attax:20170701053424j:image

成田に到着! でも、成田か……。

f:id:yokoyama-attax:20170701053423j:image

成田エクスプレスを使って品川へ。そして品川で乗り継いで新幹線で名古屋まで戻りました。金曜日の夜です。東京ー名古屋間の東海道新幹線はいつも通り、大変混雑しておりました。

今回はタイへ行ったというより、バンコクへ行ったと表現したほうがいいでしょうね。

日本の見所は東京にだけ集中しているのではなく、京都や広島、北海道など、名所はたくさんあるわけで、それと同じように、アジア随一の観光国であるタイを味わうには、まだまだ不十分すぎることは明らか。それがわかっただけでも素晴らしくよい旅だったと思います。

物事を一方向でしか捉えるのではなく、別の多くの視点をもってその国を知りたいと思えるようになったからです。

「微笑みの国」タイ、ありがとうございます! 

f:id:yokoyama-attax:20170701063906j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053518j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053555j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053617j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053633j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053702j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053718j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053741j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053812j:image

f:id:yokoyama-attax:20170701053848j:image

次にタイヘ行くときは、チェンマイやスコータイ、プーケットといった、地方の観光地にも足を向けたいですね。

 

(帰国して、しみじみ思いましたが、荷物が少ないと本当にラクです。後片づけも一切必要ないので。あと賛否両論あるでしょうが、いつも私はお土産を買いません。お土産がないことも、帰国後スピーディーに日常に戻ることができる要素のひとつですね。帰宅して早速いくつかの仕事をこなしました)

 

【6日目】タイ 2017年 「ほぼ手ぶら&ひとり旅」

タイへひとり旅をしに来て6日目。無計画で来たのに、意外と代表的な観光名所を回ることができ、満足した状態で 6日目を迎えました。

何も予定がなく、まったくの空白の状態で朝がやってきました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165054j:image

とりあえずココナツジュースを飲みます。

f:id:yokoyama-attax:20170629165107j:image

一念発起して、バンコクを代表するオリエンタルホテルへ。

f:id:yokoyama-attax:20170629165111j:image

ダメモトで連絡したら、オリエンタルホテルが企画する「タイ・クッキング・スクール」の予約が取れました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165117j:image

ホテルから専用ボートに乗って、離れの建物に。

f:id:yokoyama-attax:20170629165125j:image

ここがクッキングスクールです。

f:id:yokoyama-attax:20170629165136j:image

専用エプロンがかっこいい。

f:id:yokoyama-attax:20170629165203j:image

先生の手元を確認できる、大型の鏡も設置されています。

f:id:yokoyama-attax:20170629165219j:image

今回タイ料理を指導してくださるナライン先生。とてもユーモア溢れる先生でした。

f:id:yokoyama-attax:20170629165222j:image

講義が始まる前、はじめに出されたスイーツ。この一つ一つのスイーツの素材、調理方法を解説するのにナライン先生は30分ぐらいかけておられました。それだけでお腹いっぱいです。

f:id:yokoyama-attax:20170629165246j:image

ガチョウの卵はこちらです!

流暢な英語と派手なボディパフォーマンスに圧倒されます。

f:id:yokoyama-attax:20170629165252j:image

素材の単語もしっかり教えて下さいます。

私は人の話を聞いているとき、うなずく癖があるので、ウンウンとうなずいていたら先生は私が理解しているものと信じて、やたら私にアイコンタクトしてくださいました。ほとんど理解できてないんですけど。

f:id:yokoyama-attax:20170629165301j:image

それでは最初にタイ・スタイルのカッププリンから。固めるのに時間がかかるため、最初にデザートから作ります。

f:id:yokoyama-attax:20170629165311j:image

米粉、パームシュガー、ココナッツミルク、ココナッツの果肉、パンダンジュースなど、素材の解説をしてから、どのように切り、砕き、混ぜ合わせるかを、教えてくださいました。

耳からではなく、目で覚えました。何とかなると思います。

f:id:yokoyama-attax:20170629165321j:image

レモンに似た果実とともに手を洗います。タイは嗅覚を刺激する、様々なアイテムが存在することに改めて気づかされました。

f:id:yokoyama-attax:20170629171910j:image

料理で利用する香草もスクールの敷地内で栽培されています。

f:id:yokoyama-attax:20170629171930j:image

こちらも。

f:id:yokoyama-attax:20170629165330j:image

パームシュガーを粉々に砕きます。

f:id:yokoyama-attax:20170629165341j:image

台湾から来たご家族の皆さん。子供たちも英語が堪能でした。

f:id:yokoyama-attax:20170629165350j:image

香港からいらっしゃったご夫婦。身に付けているものから想像するに、超大金持ちの夫婦のような気がします。

デザートを作っただけですが、先生から「君は日本のシェフか?」と言って背中を叩かれました。他の方ができなさすぎるので、おそらく私の手際のよさが少し目立ったのでしょう。

誰よりも英語ができず、途中で帰りたくなりましたが、調理がスタートしたら俄然元気になってきました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165417j:image

海老ペーストの炒飯。もの凄くレシピが複雑。

f:id:yokoyama-attax:20170629165355j:image

各種素材の薀蓄、調理法、全部解説してくださいます。

f:id:yokoyama-attax:20170629165432j:image

グリーンマンゴー。

f:id:yokoyama-attax:20170629165438j:image

豆オイルにガーリック、コリアンダーを加えて、ポークを炒めます・・・。

f:id:yokoyama-attax:20170629165446j:image

実際に調理場でやりました。香りをつけるための素材がとっても多く、タイ料理の奥深さを体感できました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165451j:image

すごく楽しいです。料理がさらに好きになりました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165511j:image

2品作ったところで、ここで休憩。トイレへ行きました。ここのトイレへ案内する女性スタッフの品の良さに驚き、さらにトイレのドアだと判別できないようなゴージャスな壁を一押しすると、小さな小部屋が現れ、さらにその向こう側に続くドアを押すと、この写真にあるような洗面所が目の前に。

ボートに乗らないと辿り着かないような離れの場所にあるクッキングスクールのトイレが、ここまで豪奢である必要があるのか? 1日に3人も利用しないだろう、と思いながら用を足しました。出ると品のいい、全身黒のスーツの女性が外で待っておりました。

f:id:yokoyama-attax:20170629165520j:image

次のメニューは、手羽先の袋詰めフライ。とにかく手の込んだ料理です。

f:id:yokoyama-attax:20170629172310j:image

手羽先の中にある2本の骨を取り出して、具材を袋詰めします。皮を切ることなく、骨たちを取り出すのが大変そう。

f:id:yokoyama-attax:20170629172312j:image

さっそく挑戦。

f:id:yokoyama-attax:20170629172316j:image

何とか一本目、取ることができました。先生から、「ワンダホー!」とお褒めの言葉をいただきました。

f:id:yokoyama-attax:20170629172319j:image

2本目も完了!

f:id:yokoyama-attax:20170629172321j:image

具材を切ったり、ちぎったり、混ぜたりしたあと、手羽先の中に詰め、それから、トンカツのように揚げていきます。

f:id:yokoyama-attax:20170629172451j:image

最後が、野菜や海老などを使ったスープ。一見シンプルに見えますが、とても多くの素材を使用して、スープの味を作り上げています。いつも中華スープの素、コンソメスープを使ってる自分を思うと・・・。

f:id:yokoyama-attax:20170629172325j:image

スープへ投入する具材の順番を確認してから準備していきます。このダンドリ術、参考になります。旅は無計画でもいいですが、料理は無計画ではいけません。

f:id:yokoyama-attax:20170629172330j:image

先生の講義にも熱が入ります。黒板を使ってスペルの確認も。

f:id:yokoyama-attax:20170629171958j:image

スープの味の素になる具材を一つ一つ混ぜ合わせていきます。

f:id:yokoyama-attax:20170629172003j:image

その役は私がやりました。チリ、ペッパー、ドライ海老の粉末、コリアンダーの根・・・などなど、小さな臼のようなものを使って潰していきます。鼻と目を刺激する、何とも言えない香りが漂ってきます。

f:id:yokoyama-attax:20170629172010j:image

目がチカチカします。チリのせいでしょう。

f:id:yokoyama-attax:20170629172014j:image

すり潰したペースト状のものを鍋に入れ、ナンプラーを投入後、カボチャ、マッシュルーム、ベビーコーンなどを入れます。

f:id:yokoyama-attax:20170629172020j:image

2分後にレモンバジルなど、緑のものを入れ、できあがり。

f:id:yokoyama-attax:20170629172027j:image

すべての調理が終わった後、まさかの修了証書授与式がありました。今回撮った、膨大な写真の中で、唯一自分が写ったのがこちら。

f:id:yokoyama-attax:20170629172033j:image

クッキングスクールに参加した人たち用の席。

f:id:yokoyama-attax:20170629172037j:image

できあがり!

f:id:yokoyama-attax:20170629172040j:image

これが炒飯、手羽先の袋詰めフライ。

f:id:yokoyama-attax:20170629172043j:image

スープ。

f:id:yokoyama-attax:20170629172047j:image

タイ・スタイルのカッププリン。当たり前かもしれませんが、タイに来て食べたタイ料理の中で、1番美味しかったです。

f:id:yokoyama-attax:20170629172222j:image

日本でも行ったことがなかった料理教室。最初はもの凄く緊張してて、何でこんなとこに来たんだろう、しかも一人で! と自分に対して突っ込んだりしていましたが、すごくいい思い出になりました。

さて、もう思い残すことはないです。

私はいつもお土産は買わないので、お土産屋さん巡りはしません。荷物もほとんどないので、身支度もありません。

最後の夜はダラダラして、明朝帰るだけです。

 

【5日目】2017年 タイ「ほぼ手ぶら&ひとり旅」

タイへひとり旅をしに来て5日目です。

今日はアユタヤ遺跡のツアーに参加。48回目の誕生日は、約700年前に繁栄した古都で過ごすことになりました。

f:id:yokoyama-attax:20170628165600j:image

早朝からホテルにお迎えが来て、マイクロバスに乗り込みます。驚いたことに今日のツアー参加者は私1人でした。水曜日だからでしょう。

f:id:yokoyama-attax:20170628165611j:image

今日は曇っています。日が出ているととても暑いのでラッキーでした。

f:id:yokoyama-attax:20170628165620j:image

車で約 1時間半。近づいてきました。

f:id:yokoyama-attax:20170628165629j:image

アユタヤに来ても、たくさんの運河を見ます。

f:id:yokoyama-attax:20170628165642j:image

見えてきました。

f:id:yokoyama-attax:20170628165655j:image

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン。35メートルほどある寝仏像が。本来は建物の中に隠されていたのに、破壊されて現在は雨ざらしの状態。ワット・ポーの寝仏像とは境遇が異なります。

f:id:yokoyama-attax:20170628202731j:image

f:id:yokoyama-attax:20170628202738j:image

モンコンの設計書。寝仏像が確かに建物の中に置かれていたことを物語っています。

f:id:yokoyama-attax:20170628202748j:image

トイレへ。

f:id:yokoyama-attax:20170628202757j:image

5バーツです。とても清掃されています。

f:id:yokoyama-attax:20170628202809j:image

ティッシュの自販機も。

f:id:yokoyama-attax:20170628202816j:image

移動します。また、いくつもの運河を越えます。

f:id:yokoyama-attax:20170628202829j:image

近付いてきました。

f:id:yokoyama-attax:20170628202841j:image

名所のひとつ。ワット・プラ・シー・サンペット。

f:id:yokoyama-attax:20170628202848j:image

ガイドブックに載っている、有名なショット。

f:id:yokoyama-attax:20170628202853j:image

有名なのに予算不足だそうで、まるで修復されていません。征服され、破壊され、放置された感がもの凄く漂っています。

f:id:yokoyama-attax:20170628202900j:image 

三代の王の仏塔が。

f:id:yokoyama-attax:20170628202907j:image

f:id:yokoyama-attax:20170628202915j:image

見事に残っていますが、周囲の仏塔、何重もの城壁は、完全に破壊されています。

f:id:yokoyama-attax:20170628202924j:image

青年海外協力隊グアテマラにいたころに4回も足を運んだティカル遺跡を思い出します。

f:id:yokoyama-attax:20170628202931j:image

3つの仏塔だけは、完全に美しく残っています。

f:id:yokoyama-attax:20170628202942j:image

ガイドさんに、「雨が降ったあとだから、草が生えているところに入らないで。危険な虫がいるかも」と注意され、遺跡よりも虫が気になってしかたがないです。

f:id:yokoyama-attax:20170628202946j:image

「駆逐された感」が、世の栄枯盛衰をわかりやすく伝えてくださいます。ビジネスも同じ。どんなに繁栄しても、いつか終わりが来るのですね。

f:id:yokoyama-attax:20170628203217j:image

完全な仏塔より、跡形しか残っていない廃墟のほうに興味を持ちます。

f:id:yokoyama-attax:20170628203226j:image

700年前は、どんな壮麗な建造物があったのかイメージするのが楽しいです。

f:id:yokoyama-attax:20170628203232j:image

仏塔に登ると、中に、微かなオーラを放つ仏像が見えます。

f:id:yokoyama-attax:20170628203250j:image

野良犬がたくさんいます。最初は死んでいるかと思いましたが、ただ寝ているだけのようです。

アユタヤの王たちは、数百年後このような倦怠感溢れる犬たちに、自分たちの築いてきた国土を侵されるとは想像もしなかったでしょう。

f:id:yokoyama-attax:20170628203313j:image

リスもたくさんいます。

f:id:yokoyama-attax:20170628203329j:image

ほとんどの仏像は頭が落とされています。「没落感」が満載です。

f:id:yokoyama-attax:20170628203335j:image

表面から草木が生えた仏塔。自然と調和していて、「ナウシカ感」がハンパないですね。グアテマラのティカル遺跡も、毎回ナウシカ腐海を思い出させてくれました。

f:id:yokoyama-attax:20170628203347j:image

自然を圧倒していたはずの建造物が、自然に飲み込まれています。

f:id:yokoyama-attax:20170628203410j:image

今日撮った最高の一枚。

仏塔の先端が落ちて転がったまま数百年ものあいだ放置された、という構図ですね。この佇まいが文明の儚さを切なく物語っています。

f:id:yokoyama-attax:20170628203419j:image

サンペットの仏塔たちを眺めながら、部下からのメールに必死で返信します。ホームページ用の写真をどう撮影するか、という相談でした。

f:id:yokoyama-attax:20170628204513j:image

次の遺跡へ移動です。

f:id:yokoyama-attax:20170628204518j:image

全体図です。想像をかき立てるこの模型に見入ってしまいます。

f:id:yokoyama-attax:20170628204526j:image

ワット・マハータートです。高さ44メートルの、黄金に輝く仏塔があったそうですが、戦争に敗れて破壊されてしまったようです。

f:id:yokoyama-attax:20170628204532j:image

ただ、こちらの遺跡はかなり修復されています。

f:id:yokoyama-attax:20170628204541j:image

アンコールワットと同じカンボジアの建築様式だそうです。

f:id:yokoyama-attax:20170628204600j:image

復元イメージ。

f:id:yokoyama-attax:20170628204603j:image

興味深いです。これが黄金に輝く仏塔だったのでしょう。

f:id:yokoyama-attax:20170628204609j:image

あ・・・。

f:id:yokoyama-attax:20170628204619j:image

何かを感じます。この樹木のみ、異様なオーラを放っています。

f:id:yokoyama-attax:20170628204629j:image

やはり。

f:id:yokoyama-attax:20170628204634j:image

切り落とされた仏頭に、後から樹木が絡まり、このような前衛的アートのような風情に。

f:id:yokoyama-attax:20170628204639j:image

しばらく見ていると、吸い込まれてしまいそうなパワーを感じます。

f:id:yokoyama-attax:20170628204646j:image

説明書きがあります。

f:id:yokoyama-attax:20170628205236j:image

タイの僧侶たちがいらっしゃいます。若い方とベテラン風な方です。

f:id:yokoyama-attax:20170628205244j:image

 お祈りしています。やはり、相当なパワーを感じるのでしょう。

f:id:yokoyama-attax:20170628204659j:image

あれが黄金に輝いていたはずの仏塔の面影。

f:id:yokoyama-attax:20170628205306j:image

よく崩れなかったな。

f:id:yokoyama-attax:20170628204711j:image

頭が残っている珍しい仏像。かなり修復されています。

f:id:yokoyama-attax:20170628204703j:image

ズラーっ・・・と、

f:id:yokoyama-attax:20170628204721j:image

頭が落とされた仏像が並んでいます。

f:id:yokoyama-attax:20170628204728j:image

修復されているだけ、廃墟感、無情さはさほど感じません。

f:id:yokoyama-attax:20170628204739j:image

お・・・!

f:id:yokoyama-attax:20170628204747j:image

これか。これが、ガイドさんが「気をつけて!」と言っていた虫か!

巨大なミミズだと思って近寄りましたが、ムカデです。iPhone2つ分ほどの長さでした。

f:id:yokoyama-attax:20170628231423j:image

ツアーにオプションで入っていたので、アユタヤ・エレファント・キャンプへ。

f:id:yokoyama-attax:20170628231506j:image

タイのシンボル「象」に乗るためにやってきました。

f:id:yokoyama-attax:20170628231517j:image

ここで、大きな気付きを得ます。

f:id:yokoyama-attax:20170628231523j:image

象の上に乗るときです。

f:id:yokoyama-attax:20170628231528j:image

象に乗るのは、とても楽しみにしていましたが、象の上に乗った瞬間から、とてもしっくりこないものを感じてしまったのです。なぜかわかりません。

なぜかわからないのですが、自分にはこのような遊びは性に合わない。早く象から降りたいとまで思いました。

f:id:yokoyama-attax:20170628231546j:image

うーん。

f:id:yokoyama-attax:20170628231606j:image

象さんには悪いが、なんかしっくりこない。

f:id:yokoyama-attax:20170628231609j:image

かなりしっくりこない。

このあと、虎の頭をなでながら写真を一緒にとらないか、とガイドに誘われましたが断りました。

f:id:yokoyama-attax:20170628231619j:image

モヤモヤしたものを抱え、帰路につきました。
象とのトレッキング、洞窟探検、イカダ乗り、鉄道巡りといった、とても魅力的なツアーを紹介され、明日参加しようと真剣に思っていたのですが、急きょ取りやめました。

f:id:yokoyama-attax:20170628231624j:image

このとき、大きな気付きがありました。
私はやはり建物に興味があるのだと。自然も好きですが、どちらかというと庭園や中庭といった、建造物の一部となっている自然のほうが好みなのだということを。工業高校の建築学科だったからでしょう。

今回も、遺跡の設計書や模型を見てずっとワクワクしていたのは、そのせいだ。

高層ビルやショッピングセンターにも興味があり、空間の使い方、色彩の配置やバランスに強い関心があるんだと、あらためてそう感じたのです。

これまでのブログに掲載した写真を見返してみて、よりいっそう確信しました。

今後、旅に出るときは、何かしら興味深い建物があるところを選ぼう。新しくても、古くてもいいから。

f:id:yokoyama-attax:20170628231630j:image

帰り。タイに来て、初めてタクシーに乗りました。さすがに疲れていたからです。

f:id:yokoyama-attax:20170628231638j:image

タクシーの運転手さんは、とても笑顔が素敵で話しやすい方でした。

今日はなかなかいい誕生日でした。